Cartier(カルティエ)のLOVE コレクションに新作ブレスレットが登場します。

Cartier(カルティエ)のLOVE コレクションに新作ブレスレットが登場します。

情熱を形にしたLOVEブレスレットは、1969年にAldo Cipullo(アルド・チプロ)によってニューヨークで創作されたもの。愛の絆を大胆に現代化したアクセサリーは、彼のアイコン的作品となることでしょう。 より洗練された最新モデルも、手首にぴったりはまるオーバルシェイプ、ビスがアクセントとなる基本デザインは変わりません。 ユニセックスでグラッフィック、という普遍的な定番デザインに加えられた新作は、専用ドライバーでビスを回して手首に装置し、愛を封じ込めてしまおう、というもの。 それは深い愛、想い、そして愛着の証。そして緊張感のある愛を象徴します。 身につければ、愛を紡いでくれはず。情熱を分かち合い、重なり合わせ、そして更なる繋がりを象徴させるために、オリジナルに加えてお楽しみください。なお、新作コレクションには指輪のシリーズもございます。 本館地上階

オスマン店の宝飾ブランド

オスマン店の宝飾ブランド

高級ブランドから、セレブリティ御用達のパリジャンクリエーターのブランドまで、最新のトレンドと今シーズン限定アイテムをご紹介。 それぞれの好みにあった、どんなシーンでも使えるジュエリーです。 「オーレリー・ビデルマン」 パリのクリエーターAURÉLIE BIDERMANN(オーレリー・ビデルマン)の華やかなコレクション。あくまでもフェミニンでどこまでも自由。繊細な宝石が、ゴールドの豊かな輝きと調和します。 特におすすめなのが、Chivor(シヴォル)のライン。さまざまなカラーストーンが発するパワーが詰まっています。 ギャラリー・ラファイエット・オスマン店でお求めいただけます。   「ブルガリ」 指に絡み合い、手首でうねり、耳元でそよぎ、首もとで波打つ 。 ブルガリの新コレクションSerpenti(セルペンティ)は、さまざまな表情を持つ斬新なエスプリが、前面に打ち出されています。 ギャラリー・ラファイエット・オスマン店でお求めいただけます。 「シャルロット・シェネ」 2015年3月に、CHARLOTTE CHESNAIS(シャルロット・シェネ)が自身の名を冠して立ち上げたブランドです。初めて発表したコレクションは、グラフィカルであると同時に温もりのあるデザインが特徴。抽象的なアイテムと、新しい表現を取り入れた定番スタイルがミックスされています。 今シーズン、人気のシリーズの一つla Swing(ラ・スイング) に、ギャラリー・ラファイエット限定で、ピンクエナメルとシルバーが加わりました。  10月末からギャラリー・ラファイエット・ オスマン店でお求めいただけます。     「ショーメ」 ジョゼフィーヌ・コレクションは、皇女ジョゼフィーヌのイメージそのままに、ショーメを特徴づける軽やかなエレガンスが漂うスタイルを永続させています。 洗練されたデザインで、石の輝きが余すところなく引き出されているコレクション。コンテンポラリーな作品には、230年にわたる熟練の伝統が息づいています。 ギャラリー・ラファイエット・オスマン店でお求めいただけます。…

「トリー・バーチ」足元をオシャレに

「トリー・バーチ」足元をオシャレに

2004年に、トリー・バーチが自身の名を冠して立ち上げたブランドは、優雅さが漂う色彩、プリント、そして細部にまで凝ったディテールで知られています。このほどブーツとショートブーツの新コレクションを発表しました。 アメリカ発のブランド、トリー・バーチが2016-2017秋・冬向けに発表するコレクションは、フラットシューズもヒールも、控えめにセクシーで女性らしさが満載 。クラッシックな仕上がりにモダンさが加わったディテールと履き心地の良さで、欠かせないアイテムとなることでしょう。 本館地下1階でお求めいただけます。

「マーク ジェイコブス」の「シャッターバッグ」

「マーク ジェイコブス」の「シャッターバッグ」

ニューヨークを代表するクリエイターとして知られるMarc Jacobs(マーク ジェイコブス)は、1984年に自身の名を冠したブランドの最初のコレクションを発表。 以来、マーク ジェイコブスのスタイルは、楽しくて洗練されたものであり続けています。ナチュラルでシックなレディスファッションを前面に押し出しながら、コレクションではレトロや70年代といった、様々なテーマを掘り下げています。ゴージャスでエレガントなデザイナーであり続けるマーク ジェイコブス。繊細でフェミニンなクリエーションが人気ですが、その意外性のあるデザインでも知られています。  2016年夏に発表された「Snapshot(スナップショット)」バッグの新シリーズ「Shutter(シャッター)」は、クラシックなカメラバッグをアップデートしたもの。エレガントで飽きのこないシルエットが特徴のバッグには、ブランドのアイコン「J’s 」のロゴがあしらわれていて、調節可能なストラップ付き。 カラーは5色。シャッターバッグは、メゾンのクリーンなスタイルを、洗練された印象に仕上げています 9月12日より本館地上階にて販売。 ギャラリー・ラファイエットのボルドー店、ニースキャップ3000店、グルノーブル店、マルセイユ・ブルス店、マルセイユ・サン=フェレオル店、ナント・デクル店、ニース・マセナ店、ストラスブール店、トゥールーズ・ラペイルーズ店でも販売。

新シーズンのファッション

新シーズンのファッション

ギャラリー・ラファイエットに新シーズンのコレクションが登場!レディスファッションの新作ブランドをご紹介します。 「アールト」 セカンドシーズンからすぐにファッションウィークの公式スケジュールに組み込まれたのも納得のブランド、AALTO(アールト)。2015年にフィンランド出身のTuomas Merikoskideが設立。クリエイター自身のバックグラウンドとローカルカルチャーに対する眼差しをインスピレーションの源としています。遊び心のあるレイヤードとユニークな色調が、モダンでエレガントなスタイルを生み出します。 本館1階にて限定販売。 「コシェ」 ファッション界のニューカマー、Christelle Koché(クリステル・コシェ)が、クチュールとストリートウェアを組み合わせた、極端なまでのミックススタイルのコレクションを発表。リアリストの彼女が提案するのは、着心地の良さはもちろん、他にはないありのままのリアルクローズです。 本館1階にて限定販売。 「ワンダ・ナイロン」 「アンダム・ファッション・アワード」のグランプリを受賞したばかりのデザイナーの Johanna Senyk(ジョアナ・セニク)が手掛けるWanda Nylon(ワンダ・ナイロン)が、ギャラリー・ラファイエット限定で登場。2012年にスタートしたこのブランドは、レインウェアの定番アイテムをグラフィックなカットラインと新素材を用いて、先入観にとらわれない手法で表現。自由で洗練されたスタイルを提案しています。 本館1階にて限定販売。 「アボック」 Avoc(アボック)を通して、Laura Do(ローラ・ドゥ)とBastien Laurent(バスティエン・ローラン)は、ジャンルという概念を超える未来を模索しながら、シンプルで包括的なファッションを考案。 Aries(アリーズ)は、Sofia Prantera(ソフィア・プランテラ)とFergus Purcell(ファーガス・パーセル)が設立。ストリートウェアが流行していた20世紀後半の若者たちの反消費主義的な運動にインスパイアされたブランドです。 本館2階にて 限定販売。  「バルザック」 これまでオンラインでしか販売されていなかった Balzac Paris(バルザック・パリ)が、特別にギャラリー・ラファイエットに登場。 Charles(シャルル)、Victorien(ヴィクトリアン)、Chrysoline(クリゾリン)の3人が率いるこのブランドは、主に文学からインスピレーションを受けています。 シックで着心地の良い定番アイテム、限定のプリント地を使用したアイテムや、スウェット、フランソワーズ・サガンへのオマージュを捧げたレトロなワンピース« Sagan (サガン)»などを取り揃えています。 …

ケイト・スペード、新コレクション発表

ケイト・スペード、新コレクション発表

1993年に誕生した Kate Spade New York(ケイト・スペード ニューヨーク)。ブランド名ともなっているデザイナーのケイト・スペードが、全ての女性に自分のイメージに合ったバッグを、そしておしゃれな小物を使って欲しい、という思いから立ち上げたブランドです。  高級感にあふれ、女性らしさを演出できるケイト・スペードは、世界中のおしゃれに敏感な女性から愛されています。今シーズンは弾けるようなカラーとグラフィックなプリントを用い、上品に着崩すことのできるラインナップに注目。 本館地上階に新しく設けられたケイト・スペードにて、新作をぜひご覧ください。

「ファッション・インテグリティ」 〜 全てを語るファッション

「ファッション・インテグリティ」 〜 全てを語るファッション

ギャラリー・ラファイエットは、社会的責任の新しいステップとして、トレーサビリティ100%のファッションコレクションを発表します。 ギャラリー・ラファイエットの名を冠したFashion Integrity by Galeries Lafayette(ファッション・インテグリティ・バイ・ギャラリー・ラファイエット)のアイテムは、原材料であるコットンの収穫から店舗に並ぶまでの全製造過程を追跡することができます。  ワードローブに欠かせない5つのアイテムであるクルーネック、Vネック、ハイネックのTシャツ、スカート、ゆったりしたトップスを提案。素材は100%オーガニックコットンです。 商品製造の各過程を把握することで、製造に関わる全ての生産者を尊重し、健康に配慮し、環境にやさしい製品づくりを確保します。商品タグ上のQRコードをスキャンするか、galerieslafayette.comにアクセスすることで、アイテムの製造過程の詳細をご確認いただけます。 8月24日より販売!

「グッチ」ギャラリー・ラファイエット・オスマン店に登場

「グッチ」ギャラリー・ラファイエット・オスマン店に登場

パリのシンボル的なデパートであるギャラリー・ラファイエットにて、Gucci(グッチ)が3週間限定で、世界で最も美しい街であるパリへのオマージュを捧げたアイテムをご紹介いたします。 特別なショーウインドウ アイテムを展示したショーウインドウには、Alessandro Michele(アレッサンドロ・ミケーレ)のイマジネーションを体現し、そのコレクションを連想させるアイコニックなシンボルが並びます。ピンクフラミンゴ、チョウ、ミツバチ、アリ、テントウムシが、自然の中にいるようなディスプレイ。 他のショーウインドウでは、2016-2017年の秋冬キャンペーンの映像や、メンズとレディスコレクションの広告ビジュアルが展示されます。 期間限定ショップ2店舗オープン この3週間の期間中には、ネオンとアオサギでデコレーションされた、ピンクのコクーン型の期間限定ショップもオープン。限定バージョンのハンドバッグ Dionysus(ディオニュソス)や、Marmont(マーモント)のバックパック、モカシンPrincetown(プリンスタウン)が並びます。全アイテムに、ギャラリー・ラファイエット限定の特別タグが付いています。  また、1階の期間限定ショップでは、グッチの時計・ジュエリーコレクションを販売。コレクションLe Marché des Merveilles(ル・マルシェ・デ・メルヴェイユ)などの新作アイテムが揃います。 8月1日より

「ヴァーチュ」究極の高級携帯電話

「ヴァーチュ」究極の高級携帯電話

Vertu(ヴァーチュ)は職人の技術、最高級のマテリアル、革新的テクノロジーに、独自のサービスという付加価値が合わさった超高級携帯電話として知られています。 ヴァーチュの携帯は、 Signature(シグネチャー)、Signature Touch(シグネチャー・タッチ)、Aster の三つのモデルが展開されています。 イギリスで製造、いずれも世界の最高級の素材が用いられ、携帯一台につき職人一人が組み立てを手がけています。 有名なのがヴァーチュのさまざまなサービス。 厳選された付帯サービスに加え、利用者のライフスタイルを快適にするプレミアム・アシスタンスを提供しています。中でも特徴的なのが Vertu CONCIERGE(ヴァーチュ・コンシェルジュ)。 1日24時間、年中無休で、利用者からの様々なリクエストに対応しています。 Vertu LIFE(ヴァーチュ・ライフ)は、個々の利用者にカスタマイズしたアドバイスを提案。また、特別優待のアクティビティーやイベントへのアクセスが可能です。 Vertu CERTAINTY(ヴァーチュ・サーテンティ) はデータや端末など、万全なセキュリティを保証しています。 VERTU ASTER(ヴァーチュ・アスター)シリーズに最新モデルASTER CHEVRON (アスター・シュヴロン)が登場しました。 VERTU ASTER (ヴァーチュ・アスター)シリーズに最新モデルASTER CHEVRON (アスター・シュヴロン)が登場しました。ボディにはチタン、液晶画面にサファイヤ・クリスタルを採用し、キャンバス地風織り上げ模様の加工を施すなど、最先端技術や革新的なデザインが見事に調和。ヴァーチュを象徴するテーマ「ヴァーティッシモ」が受け継がれています。   本館1階のヴァーチュ・コーナー

「パンドラ」のエッフェル塔コレクターチャーム

「パンドラ」のエッフェル塔コレクターチャーム

PANDORA(パンドラ)から、フランスの首都パリの美しさを閉じ込めたペンダントチャーム「Forever Paris(フォーエバー・パリ)」が500個限定で販売されます。ゴールド(K14)のエッフェル塔にダイヤモンドが飾られ、Parisの文字の刻印が入っています。 オート・クチュールへのオマージュを捧げるかのように、1から500のシリアルナンバーが刻印されているチャームは、どれも一点ものの限定品。 パンドラのブレスレットやネックレスのチャームとして身に着けたり、今トレンドの2色使いの重ね付けをして、シルバー(SV925)のLove Paris(ラブ・パリ)シリーズのチャームと合わせるのも素敵です。 パリを愛する全ての人にとって、このコレクターチャームは、フランスとパリへのエモーショナルなつながりを表現する、大切で特別なシンボルとなるでしょう。 6月19日より本館地上階でお求めいただけます。

Page 1 sur 512345