夏のワードロープ

気候のよい季節がやってきました。のんびりしたい気分になりますね。だからといってぼーっとしているわけにはいきません。ギャラリー・ラファエイット・パリ・オスマンでは自然素材で夏らしい色合いのウエアを数多く取り揃えています。

「フランソワーズ」

Françoise(フランソワーズ)はフランス人女性をイメージしたブランドです。
フランス女性の主な特性を具現化するアイコニックな存在。先進的なものを取り入れ、型通りの定番には目を向けません。
新しい着こなしも躊躇することなく、一方70年代のファッションやカルチャーも大切にしています。
完全に自由でスタイリッシュな感性によってシックなものを解放し、高級素材を使いこなします。
イタリアのクラフツマンシップとフランスならではの美への追求の融合から生まれたフランソワーズ 。洗練された着こなしは自然で、大胆なタッチもあります。
フランソワーズを気に入ってくださった方は、フランソワーズ も大切にしています。

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン限定販売
本館 — 1階 – ロイユ・デ・ギャラリー

「マリアム・ナッシアー・ザデー」

Maryam Nassir Zadeh(マリアム・ナッシアー・ザデー)の2019年春夏コレクションは、都市と旅が並列する地中海をイメージしたもの。貝殻やガラスのような自然素材と、人工的な虹色の輝きをみせる合成素材を組み合わせました。合成素材による上質の絹織物、何層ものプリーツスカートなど、マリアム・ナッシアー・ザデーは多種多様な素材を扱うことでさまざまなシルエットを作り上げています。これらのコンビネーションは新鮮で直感的。自分に率直な女性たちにぴったりです。スポーツウエアとも合わせることで繊細かつリラックスしたコレクションとなっています。

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン限定販売
本館 — 1階 —  ロイユ・デ・ギャラリー

「ジョハンナ・オーティス」

美しいものを求めて世界中を駆け巡っているJohanna Ortiz(ジョハンナ・オーティス)。官能的な南アメリカの女性たちから着想を得た女性的で祝祭的なコレクションを展開しています。パリのJean Cocteau(ジャン・コクトー)のアトリエがお気に入りで、ペルシャ絨毯やビンテージの布、プリントされた壁紙、そしてヒョウ柄が大好き。テキスタイルやさまざまなオブジェ、家具などのコレクションにも夢中です。ジョハンナ・オーティスは、美しいものに目がなく、鮮やかに彩られた個性をまとった、折り目正しい旅人なのです。

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン限定販売
本館 — 1階 —  ロイユ・デ・ギャラリー