ヘギュ・ヤンの視点

haegue yang

©ポンピドゥーセンター、2016年 写真©Philippe Migeat

ギャラリー・ラファイエットでは、韓国人アーティスト、Haegue Yang(ヘギュ・ヤン)の視点を介し、2016秋冬シーズンを展開致します。

ヘギュ・ヤンは1971年に韓国のソウルに生まれ、現在はベルリンとソウルを拠点に活動するアーティスト。日常のオブジェを使用したコンセプチュアルワークで知られ、その作品のユニークさ、力強さと繊細さを融合した複雑さが特徴です。文化的、社会的、政治的な歴史に結び付く複数のレファレンスを組み合わせたり、原型的なフォルムを再解釈することに立脚点を置き、変幻自在の作品を生み出しています。 

8月26日から10月10日まで、ヘギュ・ヤンの作品がギャラリー・ラファイエットのショーウィンドウを飾ります。 新コレクションから選りすぐられたのシルエットやアクセサリーに呼応するアイコニックなクリエーションおよび未発表の作品が展示されます。 本館クーポールの下には、8月29日に 特別展示も開催されます。 

ヘギュ・ヤンがデザインしたギャラリー・ラファイエットのオリジナルショッピングバッグも15万点ご用意。8月末から配布されます。ギャラリー・ラファイエットは、シンボル的なアーティストと新進クリエイター、および鑑賞者を結びつける役割を果たし、創造するパワーを紹介していきます。

logo haegue yang x gl