スタービング・クラブ・バイ・チボ・スピワック

2022年にオープンしたスタービング・クラブ(パリ15区)のオーナー、チボ・スピワックは、ミシュラン・ガイドのグリーンスターを獲得しました。スピワック・シェフがギャラリー・ラファイエット・グルメ館で提案するのは、アメリカ流のストリートフード。朝食とティータイムメニューもご提案します。

シェフ

テレビ番組「トップシェフ」のシーズン13で活躍したチボ・スピワックは、パリ15区のレストランで世界中からインスピレーションを受けたストリートフードを提案しています。味わい豊かで、ヘルシーで、サステイナブル。スピワック・シェフがギャラリー・ラファイエット・グルメ館で、 100%アメリカ流のストリートフードを提案します。

レストラン

スタービング・クラブの世界にようこそ。都会的で明るく本格的なデコレーションで飾られた店舗では、カウンターも厨房もタイルで飾られています。バーでもホール席でも、お好きな場所に席を見つけましょう。スピワック・シェフがここで提案するのは、「シンプルで美味しく、サステイナブルな料理」。よりサステイナブルなレストランを支持するスピワック・シェフは、食材の無駄やプラスチックを排除し、地元産の素材を使った料理だけでなく、ベジタリアン料理もご提案しています。また、生物学的廃棄物のリサイクルも実践しています。

メニュー

 人気のバーガー「ヘルシー」は2種類のバージョンで。タイムとコンテチーズを使ったビーフプルドポークは野菜と一緒に。 もちろんベジーもお選びいただけます。 

それとも、シェフの創作料理ホットドックをお試しになっては。代表的なレシピが、ピモン・デスプレットを使ったソーセージ、ウイキョウの種、焙煎アーモンドを使ってアレンジされています。 

付け合わせには、クラシックなフライドポテトのケイジャン味やサツマイモバージョンをお選びください。おすすめは、マック・アン・チーニ。アランチーニとマック&チーズをミックスさせたこの一品では、驚かされる中身のチーズに加え、トリュフを選ぶこともできます。

デザートには、自家製クッキー「ボンブ」を。 

朝食とティータイムメニューもご提案します。

店内でもテイクアウトでもご堪能いただけます。

ギャラリー・ラファイエット・グルメ館のグルメな新店舗 – 1階